モラハラ 離婚 準備 証拠

モラハラ離婚の準備と証拠集めについて

モラハラは「家庭内」という限られた空間でのみ行われるため、証拠を集めるのがとても難しいものでもあります。

 

しかも「モラハラ」の厄介なところは、モラハラをしている加害者の外面がとても良い・エリートなど、端から見ると「完璧な人」である、という点だと思います。
そのため、そもそも「モラハラを自覚する」ことが難しいとも言えます。

 

モラハラに耐え兼ねて「離婚」という決断をくだしたとき、しっかりと準備をしなければなりません。なぜなら、モラハラ夫は「絶対にモラハラを認めない」からです。

 

自分が妻に厳しくあたるのは妻が悪いからだ、と思っているのです。
モラハラはDVとは違い、肉体的な証拠を残すことはできません。

 

殴る蹴るなどの暴力ではないからです。
モラハラを受け続けて心身的に参ってしまい、うつ病になってしまうこともあります。

 

モラハラを認めさせるためには、このような「医師の診断書」があればきちんと残しておきましょう。

 

そして、「いつ」「どこで」「どんなことを」されたのかを細かくメモしておきましょう。
もし暴言を録音できるなら、録音もしっかりとした証拠になります。

 

日記感覚で良いので、モラハラの記録はきちんと取っておくことが大切なのです。

 

このような「準備」がきちんと揃ったら、離婚に向けて動き出しましょう。
法律相談「専門家案内サービス」では、モラハラ離婚についての相談もできます。

 

専門家に相談することで、自分に有利に離婚を進めていけるでしょう。

 

モラハラ離婚に関する弁護士への無料相談はこちら