モラハラ 離婚 後悔

モラハラで離婚!後悔しないためにやるべき準備

最近世間を騒がせている「モラハラ」という言葉をご存じでしょうか。詳しくは知らなくても、言葉くらいは聞いたことがあるでしょう。

 

「モラハラ」は「モラスハラスメント」の略で、精神的な暴力のことをいいます。

 

「暴力」という点ではDV=ドメスティックバイオンレスと同じですが、言葉や態度による暴力なので、肉体的な暴力ではありません。モラハラによる離婚は、なかなか難しいものです。なぜなら、先ほど申したように「モラハラの証拠」を押さえるのが難しいからです。

 

その結果、離婚するだけで慰謝料がもらえなかったり、
財産分与がきちんと行われなかったり…なんてこともあるのです。

 

それより、「モラハラによる離婚」を行うにはモラハラを受ける以上に
精神的な苦痛と感じる人も少なくありません。

 

生活苦などの理由から、離婚したことを後悔してしまう人もいるようです。
「後悔先に立たず」という言葉があります。

 

つまり、後悔しないためには結婚前に相手にモラハラの傾向があるかどうかを見極める必要があるのです。
残念ながらモラハラは連鎖する傾向が強いので、彼の父親の様子をしっかりと観察しておくと良いでしょう。

 

そして、実際に「モラハラで離婚」という決断に至ったのなら、
後悔のない離婚を成立させるために専門家にアドバイスをもらいましょう。

 

法律相談「専門家案内サービス」なら、モラハラによる離婚相談も受け付けていますよ。
モラハラを受け続けていると感覚がマヒし、「モラハラを受ける自分が悪い」と思ってしまうのです。

 

それでは離婚後に後悔するのは間違いありません。
そんなことにならないよう、まずは一度「専門家案内サービス」を利用してみることをおすすめします。

 

モラハラ離婚に関する弁護士への無料相談はこちら