モラハラ 離婚 慰謝料請求 計算

モラハラ離婚の慰謝料請求の計算方法について

モラハラは、言葉や態度で精神的な苦痛を与える行為です。たとえば、

 

  • だからお前はダメなんだ
  • お前がすべて悪い
  • 誰のおかげでメシが食えると思っているんだ

 

などの暴言、

 

  • 無視をする
  • あからさまにため息をつく
  • 大きな音をたててドアを閉める

 

などの威圧的な態度をとることも、すべてモラハラに値します。

 

このような行為は日常的に行われているため、
被害者自身も「モラハラを受けている」と気付きにくいのです。

 

では、モラハラを受けたことによって相手から「慰謝料」を取ることは可能なのでしょうか。
もちろんモラハラは自尊心を傷つけられる行為ですから、慰謝料を請求することは可能です。

 

しかし、モラハラは「肉体的な暴力」ではなく「精神的な暴力」のため、
証拠をそろえるのが大変なのです。

 

ですから、慰謝料を請求するためには「証拠集め」をしなければなりません。

 

どんなものが証拠になるかというと、いつ・どんな「精神的苦痛」を受けたのか
というメモや、暴言を録音したテープ、モラハラが原因で病院へ行っているなら、医師の診断書なども有効です。

 

慰謝料を請求するのなら、このような「証拠」をきちんと揃えて、
そのうえでモラハラに理解のある弁護士に相談をしましょう。

 

モラハラによる慰謝料の相場ですが、50万円〜300万円とかなり幅があるようです。

 

証拠が揃っていれば揃っているほど、高額の慰謝料をとれる傾向にあります。
モラハラは証拠を集めるのが難しいため、泣き寝入りする人も少なくありません。

 

そのようなことにならないよう、モラハラを受けたと感じたらきちんとメモに残しておきましょう。
また、モラハラ離婚を専門とする弁護士への相談が重要となってくるでしょう。

 

モラハラ離婚に関する弁護士への無料相談はこちら