モラハラ 離婚 調停 弁護士

モラハラでの離婚調停、弁護士について

モラハラを受けて「離婚したい」と思ったとき、すんなり離婚届に判を押してもらえるかどうかは分かりません。

 

モラハラをしているほうが、モラハラを認めるはずはないからです。話し合いで離婚が成立するのが一番良いのですが、現実的にはなかなか難しいと思います。

 

話し合いで決着がつかないとき、次に行われるのは「調停」です。

 

これは正式には「夫婦関係調整調停」と言い、離婚を目的としている場合は「離婚調停」になります。

 

離婚調停では、離婚する場合の「条件」について話し合うことになります。
慰謝料や、子どもがいる場合は子どもの親権や養育費などでしょうか。

 

離婚調停を起こすのは、1200円分の収入印紙と連絡用の切手があれば誰にでも可能です。
つまり、個人で「離婚調停」を起こすこともできるのです。

 

しかし、たいていの場合は間に弁護士を挟むことになると思います。
弁護士を挟むことで、説得力が増すなど離婚調停に有利になることも多いです。

 

面倒な書類の作成などを任せることもできますよ。
もちろん弁護士を挟むということは、それなりの費用が必要になります。

 

離婚調停をして、実際に離婚が成立したとなると、
弁護士費用として100万円くらいかかることもあるようです。

 

「弁護士」はたくさんいますが、どんな弁護士でも良いというわけではありません。
モラハラ離婚の経験豊富な弁護士を選びましょう。

 

弁護士選びに迷ったら、法律相談「専門家案内サービス」を利用してみてください。
モラハラに詳しい弁護士もたくさんいますので、あなたにぴったりの弁護士が見つかるでしょう。

 

モラハラ離婚に関する弁護士への無料相談はこちら