モラハラ 離婚 弁護士費用

モラハラ離婚における弁護士費用について

モラハラが原因で離婚したい!と思ったとき、自分自身ですべてが片付くと思っていますか?実は、モラハラ離婚はすんなりいかないことが多いです。

 

なぜなら、「モラハラ」が目に見えるものではないからです。たとえばDVなどの暴力なら、アザやケガなどの「目に見える形」として現れますが、モラハラはそうではありません。

 

つまり、相手や第三者に「モラハラを認めさせる」のがとても大変なのです。モラハラで離婚したいと思っても、個人間の話し合いではおそらく無理でしょう。

 

そうなるとモラハラに詳しい弁護士に相談することになります。弁護士探しで迷ったら、法律相談「専門家案内サービス」を利用してみると良いと思います。

 

モラハラを含め、様々な離婚案件の実績のある弁護士が多数在籍しています。
「弁護士に相談する」となると、気になるのはやはり「費用」ではないでしょうか。

 

弁護士=高額というイメージがあるのは事実です。
弁護士費用は一律というわけではないので、その弁護士(事務所)によって違います。

 

医療費の自由診療のようなイメージですね。だいたいの相場ですが、
着手金が20万円〜50万円、離婚が成立した場合の報酬は30万円〜50万円ほどでしょうか。

 

着手金は、離婚調停から訴訟へと移行するとプラス20〜30万円かかることが多いようです。
報酬は、「財産分与」によって変わるところも多いです。

 

トータルすると、100万円くらいは用意しておくべきだと思います。
100万円ときくと、大金なので用意するのが難しいと思う人もいるでしょう。

 

では、離婚を諦めて一生モラハラに耐え続けますか?
あなたの残りの人生を、モラハラに耐えるだけに使うのは勿体ないと思いませんか?

 

離婚を考えた今こそ、行動に移すべきときなのではないでしょうか。

 

モラハラ離婚に関する弁護士への無料相談はこちら